日本脚本アーカイブズの歩み
 
平成24年(2012)

■3月 平成23年度:日本脚本アーカイブズ調査・研究報告書【VII 最終版】
      新しいステージへ 〜7年間の総まとめ〜

■2月15日 日本脚本アーカイブズ・シンポジウム
      『失われた脚本・台本を求めて ――文化リサイクルの意義義』
       :国立国会図書館新館講堂(国立国会図書館共催)
       :ホワイエにて貴重脚本展示

 
平成23年(2011)

■7月 任意団体「脚本アーカイブズ推進コンソーシアム」発足・参加

■4月 文化庁「芸術団体人材育成支援事業」

■3月 平成22年度:日本脚本アーカイブズ調査・研究報告書【Ⅵ】
       文化はめぐる ~文化リサイクルの観点から~
■1月 日本大学藝術学部
     江古田キャンパスリニューアル記念脚本展(21~25日):練馬区
平成22年(2010)
■11月 日本脚本アーカイブズ脚本展北海道展(13~21日)
      :北海道立文学館(札幌市)
■11月 「アーカイブズカレッジ」(国文学研究資料館主催)参加

■11月2日 文化アーカイブズ活性化シンポジウム
        「文化はめぐる-脚本アーカイブズとデジタル化-」
        :東京芸術センター天空劇場(足立区)
■11月 城西国際大学メディア学部インターシップ受入れ開始
■10月 あだちサークルフェア(9~10日):学びピア21
■4月6日(火)~4月18日(日) 
      脚本展: 「ザ・脚本 ---放送作家たちの80年」   
      特別イベント:「殺陣パフォーマンス+トークショー」 
      :江戸東京博物館(墨田区)
■4月 「放送脚本デジタル研究会」
      (任意団体:東京大学大学院情報学環に本部)参加

■4月 日本脚本アーカイブズ倶楽部主催
     「22年度放送映画文化講座【てら】」への協力

■3月 平成21年度:日本脚本アーカイブズ調査・研究報告書【Ⅴ】
                 ~人類の記憶の鏡として ~

■1月 中国取材調査

■   文化庁「芸術団体人材育成支援事業」
平成21年(2009)
■12月  足立区脚本展(21~27日):学びピア21

■ 9月 社団法人日本放送作家協会 創立50周年記念イベント・脚本展(18~23日)
     :芸能花伝舎(西新宿)      

■ 4月 日本脚本アーカイブズ倶楽部主催
       「21年度放送映画文化講座【てら】」への協力



■3月  平成20年度:日本脚本アーカイブズ調査・研究報告書【Ⅳ】
                    ~ソフトパワーの拠点化を~

■2月10日 女優 三田佳子氏 脚本寄贈式・記者会見

■1月7日 ドミニク・シェラード教授 講演会 (足立区学びピアにて)
        (英国シェフィールド大学副学長)  

■    文化庁「芸術団体人材育成支援事業」

平成20年(2008)

■11月 韓国国家記録院ナラ記録記録館(NARA)・放送デジタル図書館 訪問調査

■11月 フランス・イギリス取材

■9月 東京大学大学院情報学環 「東京大学高度アーカイブ化事業5カ年計画」の一環として
     共同研究スタート。


■4月  日本脚本アーカイブズ支援組織「日本脚本アーカイブズ倶楽部」発足
     日本脚本アーカイブズ倶楽部主催 「20年度 放送映画文化講座【てら】」への協力

■3月  平成19年度:日本脚本アーカイブズ調査・研究報告書【Ⅲ
                    ~脚本・台本は記憶と記録の宝庫~

■    文化庁「芸術団体人材育成支援事業」

平成19年(2007)
■11月  アメリカへ実地調査

■10~12月 脚本展
      10月12日~14日シアター1010
      10月22日~18日足立区生涯学習センター 学びピア
      12月1日  横浜放送ライブラリー

■     日本シナリオ作家協会正式参加決定

■8月  東京大学大学院情報学環とのコラボレーションスタート

■3月  平成18年度:日本脚本アーカイブズ調査・研究報告書【Ⅱ】
                   ~脚本・台本は記憶と記録の宝庫~

■     文化庁「芸術団体人材育成支援事業」
平成18年(2006)
■    文化庁「芸術団体人材育成支援事業」

■3月  平成17年度:日本脚本アーカイブズ調査・研究報告書【Ⅰ】
                   ~脚本・台本の現状と管理・保管の実態~
平成17年(2005)
■    文化庁「芸術団体人材育成支援事業」

■10月 足立区の支援で北千住「学びピア21」に日本脚本アーカイブズ準備室オープン



平成15年(2003)
■3月   国会・総務委員会にて日本放送作家協会理事長・市川森一、証言。

      「脚本・台本は貴重な放送文化遺産である。
       テレビ放送50年を迎えた今、この膨大な数にのぼる脚本や台本が散逸し、
       日々、失われつつある。 これを管理、保存し、資料として体系化することが
       急がれる」旨の発言。

超党派の賛意を得たことから、日本放送作家協会内に
       「日本脚本アーカイブズ特別委員会」を発足させる。